購入

VoIP

CommuniGate Proは、今日の市場において最も汎用性および拡張性の高いVoIPソリューションです。そのシグナリングエンジンは、SIP/XMPPサーバー間シグナリングのほか、SIP、XMPP、XIMSS、ParlayX およびCG/PLを含む各種クライアントをサポートします。

CommuniGate Pro Media Serverコンポーネントは、幅広いコーデックに対応し、RTPエンドポイント間における一対一および複数人による通信を可能にします。CommuniGate Pro STUNおよびMedia Proxyモジュールによって、VoIPの NAT関連の問題の大半が解決されます。

CG/PLプログラミング言語を使用して、ボイスメールから会議センター、PBXセンター、さらにB2BUAアプリケーションに至るまで、各種のアプリケーションを実装できます。これらのアプリケーションは、内外部の課金システムを利用することができます。

CommuniGate Pro固有のダイナミッククラスターおよびSIPファームテクノロジーは、通常の電話のほか、高度なIVR機能、電話会議、その他のアプリケーションにおいて、「欠陥のない」キャリアグレードの信頼性と拡張性を提供します。

詳細...

PBX機能

自動応答(AA)

AAシステムは、オペレーターを介することなく電話の発信者を自動的にユーザーの内線に接続することを可能にします。
CommuniGate Proシステムをインストールすると、pbxというアカウント名のアカウント が作成され、エイリアスとして200が割り当てられ、ストックPBXアプリケーションを開始するためのシグナルルールが割り当てられます。このアプリケーションが、自動応答機能を実行します。詳細は、PBXセンターの項を参照してください。

着信呼自動分配(ACD)

ACDシステムは、特定のエージェントグループに着信呼を分配します。
CommuniGate Proソフトウェアには、事前設計の標準コールキュー制御アプリケーションが付随しています。

自動ディレクトリアシスタント(ADA)

ADAシステムは、電話の発信者が、電話の相手の氏名を入力することにより、特定の者にコールを回すことを可能にします。
CommuniGate ProPBX センターアプリケーションには、オプションでディレクトリサービスが含まれます。

自動コールバック(ARB)

ARBシステムは、不在にしていた電話の相手が戻ってきた際に、発信者に対し折り返し電話してもらう選択肢を発信者に与えます。

コールアカウンティング

コールアカウンティングシステムは、着信データを収集し、通話料金や通話先等の情報を記録します。
CommuniGate Proシグナルコンポーネントは、アカウンティングCDR記録を作成します。 また、アカウントファイルストレージに、発着信履歴を保存します。

自動転送

自動転送システムは、応答されなかった着信を、通話相手の他の電話番号に転送する機能です。
CommuniGate Pro呼制御 機能および シグナルルール、非常に強力かつ柔軟な呼制御環境を提供します。様々な種類の着信転送を行うことが可能です。

コールパーク

コールパーク機能は、電話を保留にし、別の電話機からその通話を継続することを可能にする機能です。
CommuniGate Proサービス アプリケーションは、各アカウントに対し複数回線のキュータイプ・パーキングサービスを実行します。加えて、パークセンター 機能は、ドメインユーザーが、ドメイン全体(またはシステム全体)におけるパークセンターにおいて電話を保留にすることを可能にします。保留された電話は、そのドメインのユーザーであれば誰でも応答することができます。

コールピックアップ

コールピックアップ機能は、自分以外の者にかかってきた電話に代理で応答することを可能にする機能です。

コールスルー

コールスルー機能は、ユーザーが、まずPBXシステムに電話をかけ、ユーザーの代わりにPBXシステムに(通常高額な)電話をかけさせる機能です。
CommuniGate Proサービス アプリケーションが、コールスルー機能を実行します。

着信転送

着信転送は、着信を別の電話機または内線に転送することを可能にする機能です。
CommuniGate Pro は、着信転送機能を実行するために必要とされるSIPオペレーションを完全サポートしています。
CommuniGate Pro XIMSS モジュールは、XIMSSベースクライアントによるあらゆる種類の着信転送操作を可能にします。
CommuniGate Pro リアルタイムアプリケーション環境は、自動的に着信転送操作を承認できるため、IVR等のアプリケーションによるコールを制限なく転送することができます。リアルタイムアプリケーションは、あらゆる種類の着信転送操作を開始することができます。
CommuniGate Pro PSTNゲートウェイ アプリケーションは、内部で着信転送を実行するため、PSTNからの着信を無制限に転送できます。

保留

保留機能は、通話中に電話がかかってきた場合に、通話中の電話をいったん保留にして新たにかかってきた電話に応答し、その後に保留にしていた通話に戻ることを可能にする機能です。
CommuniGate Pro SIPおよびXIMSSベースクライアントは、一度に複数のコールに対応できるため、保留機能は必要ありません。また本機能をローカルで実行する必要もありません。
特別CommuniGate Pro リアルタイムアプリケーション は、単回線デバイスのユーザーが従来の保留機能を使用するために利用することができます。

コールリターン/キャンピング

コールリターン機能は、最後にかかってきた電話番号に折り返し電話をかけることを可能にする機能です。
CommuniGate Pro サービス アプリケーションが、コールリターン機能を実行します。

電話会議

電話会議機能は、二名以上の者が通話する機能です。
CommuniGate Pro 会議 アプリケーションは、電話会議を行う際に使用します。

留守電応答メッセージ

留守電応答メッセージ機能は、ユーザーが、一定の基準に従い留守電応答メッセージを変更することを可能にします。
CommuniGate Pro ボイスメール アプリケーションにより留守電応答メッセージを再生できます。CommuniGate Pro サービス アプリケーションを使用して、留守電応答メッセージを編集することができます。アカウント ファイルストレージに直接応答メッセージをアップロードすることもできます。

ダイアルイン(DID)

直通ダイアルイン機能(電話会社提供)は、顧客のPBXが複数の電話番号から電話を受け、ダイアルされた電話番号情報を取得し、係る情報に基づき適切な内線にコールを転送することを可能にします。
CommuniGate Proは、PSTN-SIPゲートウェイを介してPSTNコールを受けます。
トランキングを提供するPSTNゲートウェイは、SIPリクエストの一部としてDID情報を送信します。この情報は、ローカルまたはリモートのアカウントグループまたはアプリケーションにコールを送信するために、CommuniGate Pro ルーターで直接使用することができます。
カスタマータイプPSTNゲートウェイは、各DIDを個別に登録することを要求します。 CommuniGate Pro リモートSIP登録 機能は、これらのゲートウェイからコールを受け、各発呼要求に必要なDID情報を確実に包含させるために使用できます。

直通インウォード・システムアクセス(DISA)

直通インウォード・システムアクセス機能は、発信者による外部回線から内部機能へのアクセスを可能にします。
CommuniGate Pro PBXセンター およびボイスメール アプリケーションが、DISA機能を提供します。

フォローミー/ファインドミー

フォローミー機能は、電話が応答されるまで、事前設定されたリスト内の各電話番号にコールを転送する機能です。
CommuniGate Pro 呼制御 機能およびシグナルルール が、非常に柔軟なフォローミーコンフィギュレーションを実行します。その他多くのPBXシステムとは異なり、CommuniGate Proは、着信を受けるデバイスに新規電話番号/アドレスを追加し、全てのデバイスに同時に呼出音が鳴るように設定することが可能です。

メッセージ待機インジケーター(MWI)

メッセージ待機インジケーターは、ボイスメッセージが受信されていることを通知するために電話機が送信する視聴覚シグナルです。
CommuniGate Pro シグナル ーネントが、message-summaryパッケージを提供します。SIPベースのデバイスで、メッセージ待機インジケーターを実行できます。

保留音楽 (MOH)

保留音楽機能は、通話の保留中に事前録音された音楽を再生するシステムです。
CommuniGate Pro パークセンター およびその他多くのアプリケーションが、事前音楽機能により事前録音されたメディアファイルを再生できるシステムを使用しています。

夜間サービス

夜間サービス機能は、現在時刻に合わせてコールを処理するシステムです。
CommuniGate Pro 呼制御 機能およびシグナルルール は、非常に柔軟な夜間サービスコンフィギュレーションを実装しています。電話を受ける側の営業時間や不在時間等に合わせてコールを処理します。

バーチカル・サービスコード(VSC)

バーチカル・サービスコードは、システムサービスにアクセスするために使用される、(*)スター記号から始まる特別な短縮電話番号です。
CommuniGate Pro サービス アプリケーションが、多様なサービスコードを実行します。

ボイスメール(ボイスメール、vmail、VMS)

ボイスメールは、電話の発信者がメッセージを録音および保存し、ユーザーが保存されたメッセージを再生および転送できるシステムです。
CommuniGate Pro ボイスメール アプリケーションが、電話の発信者によるメッセージの保存を可能にします。ボイスメッセージは、他の電子メールメッセージとして通話相手の受信箱に送信され、キュールールによりフィルタリング、保存、処理されます。
CommuniGate Pro サービス アプリケーションは、録音されたメッセージを読み出し管理します。録音されたメッセージを読み出し管理するために、POPIMAPMAPIXIMSS クライアントまたは WebUser Interface を同時に使用することができます。